2010年01月17日

あれから15年・・・

 1995年(平成7年)1月17日午前5時45分、淡路島北淡町野島断層を震源とするマグニチュード7.3の地震がありました。

 当時僕は高校2年生、被災地からは離れた大阪で住んでいました。
それでもあの日のことはやはり忘れることが出来ません。

 その日の朝、ウチの家族は同じ事を言っていました。

「地震が来る前に目が覚めた」

 ちゃんとは憶えていませんが、地鳴りや余震のようなモノがあったのかも知りません。

「意味が分からない・・・」

 それがその時の本当に素直な気持ちでした。
テレビの情報にもまだなく、ただ実感するのは『地震があった』という体験だけ・・・。

 そして、学校に行く準備をしながら見ていたテレビの中に『現実』がありました。

『怖い』


 とりあえず、家に居ても仕方なかったので学校に行きました。
僕の住んでる所は特に周りに地震の影響は無かったです。
ただ学校から見える駅にいつまで経っても電車が来ないのが、気持ち悪くて仕方なかったです。


 その日は結局学校はすぐに休みになったのですが、家に帰らず友達数人で友達の家にそのまま行きました。
 家には「遊びに行ってくる」と伝えたのですが、今だから正直に話せば一人で居るのが不安だったんです。
もしかするとその場に居た友達たちも同じ気持ちだったのかもしれません。


 その日から毎日が意味の分からない不安だらけでした。
僕の知り合いも兵庫県に住んでる方は沢山居ましたし、その中で連絡が取れない方も居られました。
 当時短大生だった姉の友達たちは学校を休み、道がめちゃくちゃ車ではいけないので、スクーターに毛布やカセットコンロや懐中電灯など少しでも役に立ちそうなものを無理やり載せて、何度も往復していました。

 そして、地震があった数日後から何人かの知人の訃報を聞きました。


 つい先日も日本ではありませんが大きな災害がありました。
僕は被災者ではありませんが。
それでもあの日のことは忘れることが出来ないでしょう。
自分の無力さ、どうしようもない恐怖・・・。
同じ時間を被災地からあまり離れていない場所で感じた人間として、
あの日のことを忘れず、生きていこうと思います。


参考

阪神大震災:6434人へ祈り 17日で15年‎
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20100117k0000m040068000c.html

阪神・淡路大震災 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E7%A5%9E%E3%83%BB%E6%B7%A1%E8%B7%AF%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD

阪神大震災 阪神・淡路大震災 教訓 阪神大震災の写真 災害画像
http://www.bo-sai.co.jp/sub6.html
posted by K-G at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。