2007年04月18日

そうだ、京都に行こう!

 久々の更新ですが今回は、
「大阪を離れる前に地元を知ろう企画」番外編、「京都に行こう」です。

 さて、mixiの方ではちびちびと、やれ梅田に行っただの、心斎橋に行っただの、
京橋から歩いて通天閣まで行っただのと書いてるんですが、
今回は久々の遠出!
といっても京都ですけどね(^^;

 大阪から近いわりには実はあまり行った事無いんですよね・・・。
だいたい修学旅行なんかで行ってる所には行ったことないんですよ。

 という訳で、普通に京都観光してきました。
IMG_1587.jpgIMG_1589.jpg まずは名神高速に乗り『上賀茂神社』へ。
上賀茂神社は「雷」の神様だそうで、
御神体は「賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)」と言うそうです。
雷除けとかご利益があるみたいで、帰ってから調べたら「電気産業の守護神」と呼ばれてるらしいので、僕の今後の仕事的にはご利益がある神様かもしれませんw


IMG_1603.jpgIMG_1611.jpg
 着いた時間がまだ早かったので(午前9時前)、
駐車場もガラガラ、神社内もガラガラ、ついでに神社の事務所もガラガラ(苦笑)  神社の中に入れたみたいなんですけどね、係りの人がまだ居ませんでした。
 ただ、天気も良く神社の周りには桜もまだ残っていて、人が少ない分ゆっくり観れた気がします♪





IMG_1659.jpg 次に「下鴨神社」に向かいました。
僕はずっと「下鴨神社」って「下賀茂神社」って書くと思ってたんですけど、
正しくは「下鴨神社」ってかくみたいです、上と下で違うんですね。
更に書くと「下鴨神社」の正式名称は「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」って言うそうです。
 ウィキペディアによると、
「賀茂別雷神社(上賀茂神社)とともに古代の賀茂氏の氏神を祀る神社であり、賀茂神社(賀茂社)と総称され、両社をもって一社のような扱いをされてきた。賀茂神社両社の祭事である葵祭で有名である。」
と、あるので土着神に近いのかな。

IMG_1668.jpgIMG_1673.jpgIMG_1679.jpg

 上賀茂神社と違い、下鴨神社はかなり緑の多い公園のような所にあります。
参道も緑に覆われ、森林浴してるような気分になりました。
下鴨神社の境内には十二支が祭られていて、とりあえず僕と友人二人とも巳年なので、
それにお賽銭を・・・。
僕は入れずに、載せたんですけどねw




 上賀茂・下鴨両方見た後、「清水寺」に行く事になったんですが、駐車場が空いてるか分からなかったため、一旦京都市内の四条通周辺に車を置いて、バスで移動する事に。
ついでにその辺りで昼食も摂る事にしました。

IMG_1711.jpg 色々お店を探した結果、見つけたのが四条通先斗町にある「ビストロ らんまん」。
フレンチとイタリアン風な炭火焼料理とワインの飲める店でした、
モチロン車移動なんでワインは飲みませんでしたが、
ランチが2500円程度で結構豪華なメニューが出てきましたよ。

前菜1      :くみあげ湯葉とプチフルーツトマトのコンフィ添えと生麩
前菜2      :京水菜と揚げ湯葉
スープ     :ミネストローネ
メインディッシュ:京茄子と獅子唐を添えたヒレステーキ
デザート    :抹茶アイス
IMG_1703.jpgIMG_1705.jpgIMG_1706.jpgIMG_1707.jpg
 見事に皿を見たときに素で味が気になって、前菜の写真撮り忘れましたよ(^^;
個人的には、ミネストローネが全くトマト独特の癖がなくて美味しかったです。



IMG_1724.jpgIMG_1723.jpgIMG_1719.jpg





 食事を終えた後、バスに乗り清水寺へ・・・。
やはり清水周辺には観光客の方が多く、英語以外の聞いた事無い外国語を話してる方もかなり居ましたよ。
清水寺は東大路通から少し山を登った感じの所にあるんですが、
ちょっと上っただけなのに、本当に緑が多くて驚きました。
丁度、清水の本堂などの門にあたる『仁王門』などの修繕が終わって間もないためか、
すごく色鮮やかで派手でしたよ。ちょっと三国志とかに出てきそうなお屋敷みたいな感じでしたw。

IMG_1732.jpgIMG_1740.jpgIMG_1761.jpg

 そしてついに念願の本堂見学!
『清水の舞台』ってやっぱり高いんですよ、しかも何故か舞台の外向きに傾斜があるし、
飛び降りのサポートのためでしょうか?(苦笑)
調べてみると舞台下の柱の高さは長いので12mもあるそうです。
しかも、下は道があってその向うは軽い崖w
確かにココ飛び降りれたら、何でも出来そうですねぇ・・・、
その前に、今やると二次災害が酷そうですけど・・・(^^;(下を歩いてる観光客道連れ)

 IMG_1792.jpgIMG_1771.jpgその後も色々と見て周る・・・。
本当に京都は『絵になる風景』の多い所だと思いました。
古い建物がただ多いだけじゃなくて、その周辺の風景も出来るだけ昔のまま保存している。
だから遠くからこの場所を観に来てるのが改めて分かった気がしました。




 清水寺を見た後、少し土産物を買ってから歩いて四条まで戻る事に・・・。
しかし、途中で気になるものを発見・・・。

      『坂本龍馬と中岡慎太郎の墓』

と書いてある看板が・・・。
観てみたい・・・、という訳で寄り道決定♪
場所は京都霊山護国神社(きょうとりょうぜんごこくじんじゃ)。
清水寺から東大路通を少し北に戻った所にあります。
ただ、墓を見るには入場料要るんですけどね(^^;
しかも、結構坂道登ります・・・(^^;

IMG_1799.jpgIMG_1800.jpg

 山の中腹辺り、見晴らしの良い所に「坂本龍馬と中岡慎太郎」の墓はありました。
本当に京都が一望できる場所です。
ココには他にも維新を目前にして倒れた志士の人たちの墓もあり、
IMG_1801.jpg
 その中でも一番高い場所には「木戸孝允(桂小五郎)と幾松」の墓があります。
今から約160年位前にこの人たちは、この京都で世の中を良くしようと走り回ってたんやろうなぁっと思うと、
僕らって気楽に生きてるよなぁって実感しました(^^;

 墓を見た後、向かいにある歴史資料館を見学してから、円山公園を通り、八坂神社を抜けて帰りました。



 初めて『京都』で観光らしい観光をした気がします。
京都は度々来てるんですけど、ホトンドが買い物なんで観光ってした事無かったんですよ。
改めて、京都という歴史を感じれる場所が近くにあって良かったと思いました。








posted by K-G at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。